2019年 8月 20日 火曜日
Home > Top特集 > 改正フロン法によってフロンガス漏洩点検が義務化されました

改正フロン法によってフロンガス漏洩点検が義務化されました

【出典】ダイキン公式サイト「ダイキン製品をお使いのみなさまへ」

main01
for_c_btn01
for_c_btn02
for_c_btn03
for_c_btn04
for_c_btn05
images
popup1_img1
popup2_img1
popup3_img1
popup4_img1
popup5_img1

フロン排出抑制法とは?

 

業務用冷凍空調機器分野の多くはフロンガスが使用されています。そのフロンガスが大気に排出されると「地球温暖化」に大きな影響を及ぼします。現状のフロンガス回収量は3割と言われており、このままのペースだと2020年おけるフロンガスなどの排出量は現在の約2倍になると予測されます。
【出典】 環境省「フロン類対策の一層の推進について(フロン排出抑制法の概要)」

そこで平成25年6月12日、「フロン回収破壊法」が制定され、平成27年4月に「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」と名称を変更しました。この法律の略称を「フロン排出抑制法」といいます。
「フロン排出抑制法」では、従来のフロン類の回収・破壊に加え、製造から、使用、廃棄まで「ライフサイクル全体にわたる包括的な対策」が求められます。
たとえば、店舗・オフィス・ビル用エアコンや業務用冷蔵庫などの「業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)」の有資格者によるフロンガス漏洩点検が義務化されました。

02

日昇空調はお客様が快適に過ごせる空調環境づくりを目指します。
埼玉の業務用エアコン / 埼玉空調工事 / 埼玉空調設備・修理 / さいたま市空調設備工事 / さいたま市空調設備・冷凍設備修理・工事 / 空調機器保守・修理 / 冷媒回収及び破壊処理 / 換気・ダクト設備工事 / 給排水及び衛生設備工事・修理 / 各種ポンプ設備工事・修理 / さいたま市のエアコンクリーニング / 空調設備機器の販売及び据え付け工事 / 空調設備機器の修理及び保守点検業務 / ボイラー設備修理・工事 / 電気設備工事は日昇空調設備株式会社にお任せください。

contact_tel_click